ホーム » 2016 » 11月

月別アーカイブ: 11月 2016

腎不全治療と環境学の学問の難しさ

腎不全治療をしていると、生かされているという感じがします。
現代科学に生かされていると。
環境学という学問では現代科学の発展を、少なくともあまり礼賛するような感じではないので、
ちょっと相対しにくい面もあります。
でも、もちろん環境は良くしてほしいです。
腎臓が悪化したことと環境汚染は、まったく無縁でもないだろうと感じるからです。
現代科学の発展で、自然環境は確かに損なわれてきたことのほうが多いですが、
使いようによっては、環境を良い方向に向かわせることも十分可能でしょう。
例えば砂漠を緑に変えたりとか、可能になりつつあるようですから。
腎不全になっても、普通に生きていけるようになったのは、
科学技術のおかげなので、環境にとっていい使い方もできるはずだという気がしています。